子作り中の飲酒


こちらのページでは、子作り中の飲酒について説明しています。



子作りしているにもかかわらず、やっぱり「毎日の晩酌はやめられない」という女性の方、結構いらっしゃるのかもしれませんね。

特に隣でパートナーが飲んでたりすると「ちょっとぐらいなら大丈夫かな…」と思ってしまう人もおられるでしょう。

しかし、お酒は赤ちゃんに何らかの影響を与えます。

それは、飲む量やアルコール度数・お酒の種類によって『問題ないだろう』と思いたいですが母体の体質や体調など、ありとあらゆることを総合しても『100%問題なし』とは絶対に言い切れません。

体の奇形・内蔵の奇形といった障害から、発達障害や学習障害など外見からでは分からないことにも影響があるかもしれません。

それが、胎児性アルコール症候群(FAS)という先天性疾患の一つ。

高齢の女性ほど影響は出やすく、飲酒量や頻度が少なくてもFAS児に絶対ならないとは言えないそうです。習慣的に摂取していれば尚更ですね。

また、妊娠2ヶ月頃は脳や大事な部分を形成する時期なので、例えビールや発泡酒でも飲まない方が良いですし、妊娠週数が中期・後期になっても低体重や中枢神経への影響があるそうです。

このFASは妊娠・授乳中にお酒を飲まなければ100%防げるそうですので、受精卵の着床前までには完全に禁酒できるよう努力しましょう。

もちろん、お酒の飲み過ぎは「妊娠率を低下させる」ということも忘れないで下さいね。


◆安心感UP!!ベビ待ち入門レポート◆


▲TOP

二人目の子作り

[0]妊娠したい! HOME
[1]基礎体温の測り方
[2]排卵日の計算
[3]産み分けの方法
[4]不妊治療 ナビ


子作り マニュアル TOP
All Rights Reserved