婦人体温計を用意する


こちらでは、婦人体温計の選び方や特徴を紹介しています。



普通の体温計では「36.5」のように点の後ろが1桁しか計測できませんが 基礎体温では「36.56」のように点の後ろが2桁まで計測できないといけません。

ですので、婦人体温計を用意する必要があります。

☆購入のポイント☆
ネット通販やドラッグストアでは電子タイプの婦人体温計しか販売されていません。

本来であれば水銀タイプの婦人体温計の方が正確だと言われていますが 実測ができる電子体温計でもほぼ正確なようです。(電子体温計は予測式と実測式で数値が違います)

予測式
多数の体温上昇データを基に演算した値を表示する方式
実測式
それ以上温度が上がらない所まで計測する方式

水銀タイプの婦人体温計をお探しであれば、小さな薬局・古くからある薬局等で 店頭に並んでいなくても店員さんに訊ねてみましょう。(処方せん薬局でも在庫有の場合があります)

☆電子タイプのお値段
基本機能のみ 2000円前後〜
多機能なもの 3000円前後〜1万円台まで様々

☆水銀タイプのお値段
1000円前後

☆水銀体温計のメリット・デメリット
・値段が安い
・数値が正確
・計測に時間が掛かる(約5分)
・割れる可能性がある
・計測数値を自動的に保存できない

☆電子体温計のメリット・デメリット
・予測式の場合は計測時間が短い(約1分)
・計測した体温を保存・グラフ化できる機能がある
・壊れにくい
・高機能であればあるほど値段が高い
・数値が正確でないかもしれない

次へ >> 基礎体温表


◆安心感UP!!ベビ待ち入門レポート◆


▲TOP

基礎体温表の見方/高温期/着床出血時の基礎体温/低温期/妊娠時の基礎体温

[0]妊娠したい! HOME
[2]排卵日の計算
[3]産み分けの方法
[4]不妊治療ナビ
[5]子作り マニュアル


基礎体温の測り方 TOP
All Rights Reserved