排卵出血とは


こちらでは、排卵出血についてわかりやすく紹介しています。



皆さんは、生理が終わってから1週間前後の間に「数日の出血があった」なんて事ありますか??

基礎体温を計測している方で、低温期から高温期に移行する前後の出血だと判断できるのであれば恐らく『排卵出血』だと思われます。(『中間期出血』とも言われています)

一般的に出血量は少量で期間は2,3日で終わるものですが、下腹部痛を伴うこともあるようです。

尚、子宮内膜やホルモンの分泌が何らかの原因により変動したり、ストレス等も重なって出血が起きるそうですが、 時期が排卵期でなかったり、量が多い、期間が長い、痛みが激しい場合は排卵出血でない場合もありますので、すぐに婦人科等を受診して下さい。(量や期間は個人差があります)

※時期・量・期間が明らかに排卵出血だと分かる場合には、病院を受診する必要は無いようです。

また、排卵出血があるからといって妊娠しない訳ではありません。




◆安心感UP!!ベビ待ち入門レポート◆


▲TOP

基礎体温から排卵日を予測
排卵日予測の注意点
排卵検査薬

[0]妊娠したい! HOME
[1]基礎体温の測り方
[3]産み分けの方法
[4]不妊治療ナビ
[5]子作り マニュアル


排卵日の計算 TOP
All Rights Reserved