体外受精 とは


こちらでは、体外受精について詳しく紹介しています。



(体外受精・胚移植法=IVF-ET)

女性の体から卵子を取り出し、男性の精子を加えて受精卵(胚)を作った後、子宮内に戻す方法です。

原因不明の不妊症・子宮内膜症・精子減少症・免疫性不妊、両側の卵管が閉塞している場合、高齢の場合、半年〜1年ほど人工授精(AIH)を繰り返しても妊娠しない場合は、体外受精へステップアップします。

費用は保険適用外となり、医療機関によりますが1回につき20−60万円程度。

排卵誘発を行なう方法より自然排卵に合わせる方が料金はお安いですが、卵子を採取するタイミングを逃してしまう場合があります。

また、女性が35歳以上になると急激に卵子の質が低下し受精・着床障害を起こす確率が高く、 40歳を超えると体外受精での妊娠率もかなり低下してしまいます。

特定不妊治療費助成制度



◆安心感UP!!ベビ待ち入門レポート◆


▲TOP

タイミング療法/ホルモン療法/人工授精/ 顕微授精
[0]妊娠したい! HOME
[1]基礎体温の測り方
[2]排卵日の計算
[3]産み分けの方法
[5]子作り マニュアル


不妊治療ナビ TOP
All Rights Reserved