ホルモン療法 とは


こちらでは、ホルモン療法について詳しく紹介しています。



排卵障害がある場合、排卵誘発剤(飲み薬もしくは注射薬)での治療が一般的。

黄体機能不全や、ホルモン分泌が少なく正常でない場合はホルモン剤を補助します。

もちろん各個人の体に合わせて担当医師が薬を処方するはずですが、かなり効き目の強い薬を使うようになると、 多胎妊娠の可能性が高くなったり卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を引き起こす場合がありますので、パートナーやご自身がきちんと納得できるよう、医師との相談が必要です。



◆安心感UP!!ベビ待ち入門レポート◆


▲TOP

タイミング療法/人工授精/ 体外受精/顕微受精/特定不妊治療費助成制度
[0]妊娠したい! HOME
[1]基礎体温の測り方
[2]排卵日の計算
[3]産み分けの方法
[5]子作り マニュアル


不妊治療ナビ TOP
All Rights Reserved